閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2017年12月22日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:PT J Resources Asia Pasific、スラウェシ島で金鉱山を開発

 2017年12月19日付地元メディアによると、PT J Resources Asia Pasific(PSAB)は、スラウェシ島ゴロンタロ州のPani鉱山と同じく北スラウェシ州のDoup鉱山の開発について、2019年の生産開始を目標に探鉱及び開発を進めることを明らかにした。Pani鉱山は金埋蔵量502koz、資源量1,524kozで年間50~70koz生産、一方、Doup鉱山は金埋蔵量1,509koz、資源量2,594kozで年間100koz生産を目標としている。

ページトップへ