閉じる

ニュース・フラッシュ

2018年1月9日 メキシコ 森元英樹

グアテマラ:2017年10月の鉱業製品輸出額、大幅減

 2017年12月29日付け地元紙によると、10月のグアテマラ鉱業製品輸出額は、Escobal鉱山の操業停止により大幅に減少した。同国中銀データによると、石油・天然ガス製品と鉱業を含む採取産業の輸出額は、前年同月の90.1mUS$から73.2mUS$に減少した。最大の落ち込みは、鉛で18.9mUS$から0.72US$に、亜鉛は2.57mUS$から0.382mUS$に減少した。金、銀を含む貴金属等は、1.68mUS$から1.34mUS$に急落した。銀、鉛、亜鉛の輸出額の減少は、同国の同鉱種の主要生産鉱山であるEscobal鉱山の操業が6月から停止していることにあり、貴金属等の減少は、2017年の早い段階でGoldcorp社のMarlin鉱山が操業を停止したためである。なお、アルミニウムは6.51mUS$から11mUS$に増加、ニッケルは6.78mUS$から5.51mUS$に減少している。

ページトップへ