閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年1月10日 リマ 栗原健一

ペルー:環境評価監査局(OEFA)、San Ignacio de Morococha社に対して排滓流出を想定した緊急対応の策定を命令

 2017年12月28日、環境評価監査局(OEFA)は、San Ignacio de Morococha社に対して、Puntuyacu川の汚染防止を目的として、San Vicente鉱山(Junin州)の選鉱プラントとLa Esperanza排滓堆積場をつなぐパイプラインからの流出事故を想定した、緊急対応システムを策定するよう命じた。
 本鉱山においては2017年2月、7月、11月に排滓流出が発生したほか、OEFAによる監査実施の際、緊急対策システムの欠如が確認されたことから、OEFAは周辺の環境や住民へのリスクを考慮し、5日以内に緊急対応システムの策定と報告を命じたものである。

ページトップへ