閉じる

ニュース・フラッシュ

2018年1月10日 リマ 栗原健一

ペルー:2017年11月鉱産物生産量

 2018年1月4日、エネルギー鉱山省は2017年11月の鉱産物生産量を発表した。
 同月の主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅3.76%増、亜鉛9.23%増、鉛5.63%増、鉄29.28%増等だった一方、金1.31%減、銀3.96%減、錫12.69%減等となった。
 他方、2017年1~11月までの累計生産量では、前年同期比で銅3.62%増、亜鉛10.67%増等となった。このうち銅に関しては、Cerro Verde鉱山が全国生産の20.84%に相当する462,694tで生産を牽引し、次にLas Bambas鉱山411,281t(18.52%)、Antamina鉱山399,821t(18.01%)が続いた。一方、亜鉛に関してはAntamina鉱山が首位を維持し、全国生産の30.44%に相当する409,822tを生産した。
 各鉱種の生産量は下表のとおり。
ペルー:2017年11月鉱産物生産量

ページトップへ