閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル パラジウム プラチナ
2018年1月24日 モスクワ 黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、ムルマンスク州で白金族金属の大規模鉱徴を発見

 2018年1月12日付の地元報道等によると、North-West PGO社(Rosgeologia社傘下)は、2017年、ムルマンスク州Monchegorsk鉱産地方(Nittis-Kumuzhya-Travyanaya及びNyud-Moroshkovoeエリア)において、ニッケル52万5,000t、銅46万4,000t、プラチナ29.5t、パラジウム133.9tの資源を発見した。調査は総面積24.8km2のエリアで行われた。地質経済性評価により、鉱床は露天・坑内開発のいずれも有効とされ、さらなる地質調査の実施が推奨された。
 この場所は、発達したインフラがあり、Norilsk Nickel社の加工企業にも近く、銅・ニッケル・白金族金属鉱床が存在しており、評価作業(埋蔵量の算定と国家鉱量委員会のバランスシートへの計上を含む)の最優先対象リストに加わることになる見通しである。

ページトップへ