閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2018年1月30日 ロンドン ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:ロイヤルティ引き上げを含む鉱業法改正案、上院を通過

 2018年1月24日付のメディア報道によると、2017年12月に国民議会によって承認された鉱業法改正案は、1月24日に上院を反対無しで通過した。今後、委員会で最終版が作られ、Joseph Kabila大統領の署名に送られる。同改正案には、税及びロイヤルティの引き上げが含まれており、“戦略金属”として定められた特定の鉱物にはロイヤルティ5%が課される可能性があるという。今月初めには、Martine Kabwelulu鉱山大臣は戦略金属としてコバルトを指定する可能性を示唆している。鉱業界は、改正案に対し反発を示しており、先月同国で操業するGlencore、Randgold Resources社、Ivanhoe Mines社、AngloGold Ashanti社を含む鉱山会社は、新鉱業法が成立した場合、同国以外の投資先を検討するだろうと共同声明を出している。

ページトップへ