閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2018年2月6日 シドニー 吉川竜太

豪:低品位鉄鉱石に対する値引に関するFortescue社とMineral Resources社の異なる予測について

 2018年1月31日付の地元メディアは、WA州ピルバラ地域で鉄鉱石プロジェクトを保有するFortescue社とMineral Resources社が、低品位鉄鉱石に対する値引きに関してそれぞれ異なる予測を立てていることを報じている。Fortescue社は同社が販売する鉄鉱石の価格に関し、2014~2016年の間は86~88%であった品位62%鉄鉱石ベンチマーク価格からの値引き後価格が、2017年10~12月四半期は66%にまで下落したことを明らかにした。その上で同社社長のNev Power氏は、現在の値動きが値引き後価格の底であり、今後数か月で良化が予想されるとの見解を明らかにした。一方、Mineral Resources社は中国において150mt以上の鉄鉱石在庫が生じていることを指摘し、低品位鉄鉱石に対する現水準の値引き後価格がすぐに改善するとは予測できないため、より高品質の鉄鉱石を輸出するための鉱石ブレンド戦略を見直したところである、と語った。

ページトップへ