閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年2月7日 リマ 栗原健一

ペルー:2017年12月鉱産物生産量

 2018年2月4日、エネルギー鉱山省は2017年12月の鉱産物生産量を発表した。
 主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅6.33%増、亜鉛3.77%増、鉄46.14%増、金0.02%増等だった一方、鉛0.81%減、錫22.23%減等となった。このうち銅に関しては、Las Bambas銅鉱山、Antapaccay銅鉱山、Constacia銅鉱山等の増産に加えて、労使合意によりストライキを終えたSouthern Copper社のToquepala銅鉱山、Cuajone銅鉱山の生産量が回復したこと等が影響した。一方、亜鉛に関してはAntamina鉱山が生産をけん引した。
 一方、2017年1~12月までの累計生産量では、前年比で銅3.9%増、亜鉛10.17%増等となった。
 各鉱種の生産量は下表のとおり。
ペルー:2017年12月鉱産物生産量

ページトップへ