閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年2月8日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:2017年11月鉱物生産量は若干の増加

 2018年1月31日付け地元紙の報道によると、国内の11月鉱物生産量は0.4%増加した。これは2017年6月以来の増加である。最も増加率が高かったのは銀の5.4%増(363,861kg)であった。また、一般石炭に関しては5.2%増(574,829t)、石膏10.4%増(525,654t)、鉄ペレット0.1%増(584,374t)、一方、非鉄金属は亜鉛が4.9%減(33,857t)、鉛9.8%減(13,445t)、銅0.4%減(38,591t)となり、その他、金5.5%減(9,911kg)コークス0.2%減(111,587t)、硫黄27.6%減(34.771t)、蛍石9.7%減(51,306t)となった。2017年1~11月の鉱物生産量は対前年同期比1.1%減少、硫黄18.2%減、一般石炭13.1%減、蛍石6.5%減、コークス5.4%減、金4.7%減、銅0.9%減となっており、一方、増加した鉱物としては、鉄ペレット0.3%増、銀1.3%増、鉛2.2%増、石膏3.3%増、亜鉛9.5%増となっている。

ページトップへ