閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2018年2月9日 北京 関淳夫

中国:2017年ボーキサイト輸入量は前年比32.1%増

 安泰科によれば、2017年12月のボーキサイト輸入量は前月比53.7%増の716.3万tである。主に豪州(前月比73.0%増)、ギニア(前月比67.9%増)、ソロモン諸島(前月比142.5%増)、モンテネグロ(前月比53.0%増)から輸入している。輸入国から見ると、12月にはギニアからの輸入量が305.4万tで、輸入量の42.6%を占め、最も多く、豪州からの輸入量は290.0万tで、輸入総量の40.5%を占め、第2位となっている。
 2017年ボーキサイト輸入量は前年比32.1%増の6,876万tで、ギニア(前年比131.6%)、豪州(前年比19.6%)、ソロモン諸島(前年比544.7%)、ベトナム(前年比281.0%)とモンテネグロ(前年比105.3%)から輸入している。ギニアからの輸入量が最も増えており、魏橋社の輸入量が増えるとともに山東の他社の酸化アルミニウム工場もギニアからのボーキサイトを使い始めた。魏橋社、信発社、南山社の3社企業は2016年9月から連続してソロモン諸島からボーキサイトを輸入している。現在、信発社1社だけモンテネグロから輸入しており、2017年のモンテネグロからの増加分はすべて信発社の輸入である。

ページトップへ