閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年2月14日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Grupo México社、収益好調

 2018年2月6日付け地元紙によると、世界有数の銅生産企業であるGrupo México社は、同社がメキシコ及びペルーに保有する鉱山分野が好調であったことから、2017年第4四半期の収入を対前年同期比32.7%増加させた。また、同社の同期の鉄道部門、インフラ部門の利益額は2016年第4四半期の24.4mUS$から131.4mUS$に拡大した。各分野の業績に加え、米国の税制改革により同社の2017年の純利益額は、前年比51%増の529mUS$となった。
 同社は、ペルーTacna州に保有するToquepala鉱山の2018年6月の生産を目指す投資計画を有するとともに、1,400mUS$の投資が見込まれているTía María鉱山の建設許可を待っている段階にある。また、メキシコでは、亜鉛生産を倍増させるため、Sonora州に保有するBuenavista亜鉛プロジェクトの2020年生産開始に向け413mUS$の投資計画を進めている。

ページトップへ