閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年2月14日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:米Coeur Mining社、Palmarejo鉱山生産コスト増の見込み

 2018年2月8日付け地元紙が報じるところによると、米Coeur Mining社(本社:シカゴ)が保有するPalmarejo鉱山(Chihuahua州)における2018年生産コストが増加する可能性がある。2017年の生産コストは銀相当8.38US$/ozであったのに対し、2018年は9.25~9.75US$/ozと見込まれている。同鉱山内のIndependencia鉱床の品位が予想に反し低品位であったことと、軽油価格の上昇から、生産コストが増加するとみられる。2018年同鉱山の生産量予測は銀6.5百万~7.1百万oz(前年生産量7.24百万oz)、金110,000~115,000oz(同121, 569oz)と、前年より若干減少する見込みである。当初、同鉱山では露天採掘での開発が行われてきたが、昨年、坑内採掘開発への完全移行を終えた。2017年の鉱石処理量は予想より50%多い4,500t/日となり、キャッシュフローは2016年の36.3百万US$から2017年は110百万US$と増加した。

ページトップへ