閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年2月14日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:エネルギー鉱物資源省、PT Freeport Indonesia(PTFI)の銅精鉱輸出許可1年間延長を認可する方針

 2018年2月7日付地元メディアによると、同省石炭鉱物総局Bambang Susigit鉱物管理開発局長は6日、PT Freeport Indonesia(PTFI)の銅精鉱輸出許可の1年間延長を認可する方針を明らかにした。
 PTFIの輸出許可延長申請は差し戻し後はまだ提出されていないが、同局長は、製錬所開発進捗状況の検証を請け負っているPT Surveyor Indonesiaの検証結果でPTFIの進捗率はわずか2.5%にとどまっているものの、この低進捗率は初期段階の準備作業の多さによるもので、実際は昨年認可した際の計画・目標に沿っていると評価し、延長認可の方針を示した。また同局長は、差し戻しの理由となったPTFI報告の進捗率15%は支出額をベースに算出したものだったとも述べた。

ページトップへ