閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年3月13日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:2018年金生産量予測、減少を見込む

 2018年3月6日付け地元紙は、2018年のメキシコ金生産量は3年続けての減少が予想されると報じている。2017年生産量は3.64百万ozであったのに対し、2018年は3.49百万ozとなる見込みである(小規模鉱山等の生産量及び副産物として生産量は除く)。2018年予想量は近年で最も生産量が少なかった2014年を下回り、最も生産量が高かった2015年と比較すると10%減少することとなる。以下、2018年の金予想生産量上位10社である。
1位:墨Peñoles社(本社:メキシコシティ)
 同社の2017年生産量は、地元紙の予想を約30,000oz超える結果となり、生産の大部分を同社の子会社である墨Fresnillo社が占めている。2018年の生産予想は925,669ozであり、その内の885,000ozがFresnillo社による生産量である。
2位:加Goldcorp社(本社:バンクーバー)
 同社保有のPeñasquito鉱山(Zacatecas州)の品位低下により、2018年生産量は310,000ozにまで減少すると予想されている。
3位:加Agnico Eagle社(本社:トロント)
 2017年の生産量は330,393ozとなり2016年より25,000oz減少した。2018年はさらに減少し295,000ozと予想されている。
4位の墨Minera Frisco社(メキシコ)と5位の加Torex Gold社は、2018年生産予想量を発表していないため、2017年と大きな変化はないと予想している。
6位:加Leagold社(本社:バンクーバー)
 2018年、同社はAlamos社を抜き、金生産第6位となると予想されている。同社保有のLos Filos鉱山(Guerrero州)の生産量が2016年191,195ozから2017年227,500ozに増加しており、2018年はさらに増加すると予想されている。
7位:加Alamos Gold社
 2018年予想生産量は2017年より約220,400oz減の200,000ozと発表している。これは、同社保有のEl Chanate鉱山(Sonora州)の生産減が大きく影響しており、同鉱山の生産は2018年中期に終了する見込みである。
8位:米Coeur Mining社(本社:イリノイ州)
 同社保有のPalmarejo鉱山(Chihuahua州)のIndependencia鉱床、Guadalupe鉱床の生産が順調ではあるが、2018年は若干の品位低下が予想されている。
9位:米Argonaut Gold社(本社:ネバダ州)
 2017年、同社保有のSan Agustín鉱山(Durango州)からの生産が開始されたことから、2018年生産量は163,500ozに増加すると予想されている。
10位:加Pan American Silver社(本社:バンクーバー)
 同社保有のDolores鉱山(Chihuahua州)、La Colorada鉱山(Zacatecas州)の拡張により、生産量増加が見込まれている。
 その他の企業で2017年と大幅な変動はない見込みの鉱山企業は、加Alio Gold社(95,000oz)、加Endeavour Silver社(61,000oz)、加Premier Gold Mines社(82,500oz)があり、生産量減少する見込みの企業には、Fortuna Silver社(48,300oz)、New Gold社(25,000oz)、McEwen Mining社(31,700oz)、Hecla Mining社(15,000oz)がある。

ページトップへ