閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年3月14日 シドニー 吉川竜太

豪:NSW州のCadia金鉱山において廃滓ダムの法面の一部が崩落し、鉱山操業を中止

 2018年3月12日付のメディアによると、豪Newcrest社が操業するNSW州Cadia Au鉱山の廃滓ダムにおいて、南北2つのダムのうち北ダムの法面の一部が2月9日に南ダム側に崩落し、鉱山の操業が中止されている。Newcrest社によると、この崩落は小規模なもので環境への影響は現状では認められないが、影響を評価するために鉱山の全操業を3月10日から中止している。崩落した法面の監視は継続して実施されており、現在は法面の変動は確認されないとしている。法面の崩落は同地域で発生したマグニチュード2.7の2つの地震の数日後に発生しているものの、Newcrest社は関連性に関して何もコメントしてないと報じている。

ページトップへ