閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2018年3月15日 リマ 栗原健一

ボリビア:リチウム市場価格決定に関するアルゼンチン、チリとの同盟の可能性に言及

 2018年3月6日付け地元紙によると、アルバレス(Normando Álvarez)駐ボリビア亜大使が、リチウムの市場価格決定に、原油でアラブ諸国が同盟を作っているように、ボリビア、アルゼンチン、チリも同盟を組むことを提案したのに対し、エチャス(Luis Alberto Echazú)エネルギー高度技術次官とモンテネグロ(Juan Carlos Montenegro)YLP総裁は、アルゼンチン・チリとの同盟を組む可能性を肯定した。
 エチャス次官は、ボリビアは国家が100%産業を管理できているが、チリとアルゼンチンは探査、開発、販売の多くの部分を多国籍企業が操っているという、戦略的資源に対する政策に違いがあると述べたが、同盟を組む可能性についてはすでに数年前に大統領(モラレス)が話したことがあるとして、国家の資源を守るためにこのプロジェクトが進められることへ期待していると述べた。

ページトップへ