閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2018年3月15日 ロンドン ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:韓Samsung社、Somika SPRL社とコバルト調達に関して協議

 2018年3月13日付のメディア報道によると、韓Samsung C&T社はDRコンゴで操業をするSomika SPRL社とコバルト調達に関して複数年契約の協議をしていると関係筋が伝えた。Samsung社は、Somika社から過去4年間銅調達をしており、Kisanfu鉱山から生産されるコバルトの購入を希望している。Somika社のChetan Chug会長は、Samsung社との協議があったことを認めているが、合意には至っていないため詳細は控えている。また、Somika社は中国及び韓国のコバルト製品メーカーからも引き合いがあるとし、同氏は「当社はコバルト価格を最適化するために、契約は通常1年、最大でも2年である。」と言及した。2018年2月、Apple社もコバルト長期調達に関して鉱山会社と協議をし始めていると報道で伝えられた。また、BMWを含む自動車メーカーにバッテリー製造販売をしているSamsungグループの一つ、Samsung SDI社は使用済み携帯電話からコバルトをリサイクルする計画を立てているとし、リサイクル技術を持つ企業に資本参加を検討し、コバルトの長期供給契約を結ぶ予定だと伝えられている。

ページトップへ