閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年3月20日 リマ 栗原健一

ペルー:2018年1月鉱産物生産量

 2018年3月14日、エネルギー鉱山省は2018年1月の鉱産物生産量を発表した。
主要鉱産物生産量は、前年同月比で銅3.98%減、亜鉛3.36%減、鉛13.19%減、金5.43%減だった。他方で、鉄32.99%増、モリブデン15.93%増等となった。
 前年比で約4%生産が減少した銅に関しては、Las Bambas鉱山が地質工学的な不安定性の対策実施、Antamina鉱山では、銅よりも亜鉛の豊富なエリアにおける採鉱の実施により減産、Cerro Verde銅鉱山やCuajone銅鉱山においても減産したことが影響した。
 一方亜鉛については、亜鉛の増産計画に取り組むAntamina鉱山の生産量は前年同月比15%の増産となったものの、Cerro Lindo鉱山(-30.98%)、Colquijirca鉱山(-28.7%)等の減少が影響した。
 各鉱種の生産量は下表のとおり。
ペルー:2018年1月鉱産物生産量

ページトップへ