閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年3月30日 メキシコ 森元英樹

パナマ:Cobre Panamaプロジェクト・ストライキ終了も生産開始に影響

 2018年3月26日付け地元紙によると、Cobre Panama銅プロジェクトの建設工事に従事する労働者は、ストライキを終了させ、数週間で職場復帰すると発表した。同14日、同プロジェクトを保有する加First Quantum社(本社:バンクーバー)は、ストライキを起こしている労働者は、主要な労働組合メンバーではないと発表していた。同社関係者は、今回のストライキが同プロジェクトの建設工事に影響を与えるか否かは不明であると述べた。同プロジェクトは、2018年末の生産開始に向け作業を進めており、同社の生産計画では、2019年に銅150,000t以上、2020年に270,000~300,000tに達すると予測している。専門家の中には、未だにストライキを起こした労働者が作業を開始していないことは驚きであり、少なからず生産開始に影響を与えると見ている者もいる。

ページトップへ