閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年4月4日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Antam、電気自動車用ニッケル水素二次電池の生産を検討

 2018年4月1日付地元メディアによると、国営非鉄金属会社PT Antamは3月28日、低品位ニッケル鉱石を原料にして電気自動車(EV)用ニッケル水素二次電池の生産を検討していることを明らかにした。同社Arie Prabowo社長は、韓国鉄鋼大手POSCO社が同社の供給する低品位のニッケルラテライト鉱石(酸化鉱)を用いて製錬技術の開発試験を進めており、今後POSCO社と合弁企業を設立する可能性がある、とした。他方、同社長は投資額や開発状況等の詳細は明らかにしなかった。

ページトップへ