閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年4月10日 シドニー 吉川竜太

ニュージーランド:OceanaGold社のWaihi金鉱山における開発計画に対し、地元住民から懸念が表明される

 2018年3月31日付のメディアは、豪OceanaGold社がニュージーランド北島で操業中のWaihi Au鉱山において、既存のMarthaピットの小規模な採掘再開とピット地下における坑内採掘計画に対する地域住民の同意を得るプロセスの一環で実施した会議の席上で、地元住民グループが計画への懸念を表明したと伝えている。OceanaGold社の計画では、2020年から10年間操業を実施することにより、Marthaピットの再採掘で金77kozを含有する鉱石を採掘し、更に坑内採掘により金500~700kozが採掘可能な鉱床のポテンシャルがあるとしている。Marthaピットでは2015年4月に壁面の一部が崩落したことにより操業を中止した経緯があり、地元住民からは坑内採掘の振動により壁面の再崩落が発生することや、坑内採掘の一部がWaihiの町の直下で実施されることによる騒音や住宅へのダメージに対する懸念が表明された。

ページトップへ