閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年4月16日 シドニー 吉川竜太

豪:Fortescue社、Chichester Hubにおける自動操縦運転運搬トラックの導入を開始

 2018年4月11日付の地元メディアは、豪Fortescue社がピルバラ地域で操業するChichester Hubに属するChrismas Creek鉄鉱石鉱山において、自動操業運転による運搬トラックの導入を開始したと報じている。同社の自動操業運転運搬トラックの導入は、2013年にSolomon Hubで開始されており、これまで5億t以上の物資が自動操業運転により運搬され、同社の生産性を30%上昇させるのに貢献したとされている。今後、同社はChichester Hubにおいて100台の自動操業運転運搬トラックを有人トラックと交換し、世界初の完全自動操縦運転運搬トラックによる鉄鉱石鉱山操業実施を目指しているとのことである。

ページトップへ