閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年4月17日 モスクワ 黒須利彦

ロシア:Rosgeologia社、沿海地方の金・銅有望エリアで探査予定

 2018年3月16日付の地元報道等によると、Dalnevostochnoe PGO社(ウラジオストク市、Rosgeologia社傘下)は、2018~2020年にMalakhitovaya鉱床域(沿海地方)の金含有斑岩銅鉱化の探査を行う。
 この探査はRosgeologia社と極東連邦管区地下資源利用局(Dalnedra)が2018年初めに締結した政府契約に基づき行われる。探査エリア(総面積38km2)はポジャルスキー地区にあり、以前行われた地質調査により、Khiminsky金・錫・タングステン鉱体群に関連する金・銅斑岩鉱化が発見されている。今回は、鉱化の範囲確定、斑岩銅鉱化の規模評価、有望区域の選別と銅予測資源量(カテゴリP1、P2)評価を2020年末までに行う。
 他方、このプロジェクトに関して、専門家は、Malakhitovyエリア内で資源量130万t以上の銅鉱床が発見される可能性があるとしている。

ページトップへ