閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年4月18日 メキシコ 佐藤すみれ

ニカラグア:加B2Gold社、2018年第1四半期金生産量は目標を下回る

 2018年4月11日付地元紙の報道によると、加B2Gold社(本社:バンクーバー)が保有するLa libertad鉱山、El Limón鉱山のそれぞれの第1四半期生産量が目標に達しなかったことが明らかとなった。必要な許可申請やその他問題が生産に影響を与えたことが主な原因である。La Libertad鉱山の2018年第1四半期金生産量は目標生産量を2,128oz下回る19,367ozで、前年同期比9,172oz減少した。現在はすべての必要許可を取得済みで、同鉱山内のJabali Antenna鉱床からの生産を今年6月に開始する見込みである。また、San Diegoピットにおける生産は2018年3月では予想量をわずかに超える結果となった。同社が保有するEl Limón鉱山の2018年第1四半期金生産量は前年同期より4,668oz増加したものの、本年同期目標の14,405ozに対し結果は13,529ozと下回った。施設トラブルが主な原因であったが、現在同問題は解決済みであり、生産量は2017年第4四半期と同等まで回復している。2018年金生産量目標は115,000~120,000oz、直接コストは745~790US$/oz、全維持コスト(AISC)は1,050~1,100US$/ozと発表されている。
 El Limón鉱山の2018年金生産目標は55,000~60,000oz、直接コストは700~750US$/oz、全維持コスト(AISC)は1,135~1,185US$/ozと発表されている。

ページトップへ