閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年4月24日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Chihuahua州国際鉱業大会(概要)

 2018年4月18日からChihuahua州において国際鉱業大会が開催された。同大会開会式における関係者コメントは以下のとおり。
1.Chihuahua州知事
・鉱業部門を支援し、Chihuahua州における投資機会の増進と鉱業プロジェクトの発展を継続するため、法令を含めた制度の充実を進める。2018年4月18~20日に同州の州都であるChihuahua市において開催される第12回国際鉱業会議(於:同州万博センター)には、鉱山・冶金産業の220社以上の関係者、そこに学生等を含め国内外から3千人以上の参加が見込まれる。これにより、鉱山企業は、探鉱、採掘、冶金のプロセスにおける鉱山のポテンシャルを発見して欲しい。
・現在の鉱業分野の重要な挑戦は、鉱業の発展に向けた探鉱費100%控除制度(単年)、地方自治体による鉱業基金の適格な運営体制の整備にある。これに関しChihuahua州は、新らたな国会の体制(注:2018年7月1日に大統領、議会、州知事等のメガ選挙が予定されている)におけるリーダーとなり、立法を含めた体制整備、立法促進に向けた大きな挑戦を考える必要がある。
・鉱山企業にはコミュニケーション力の向上という課題がある。鉱山周辺住民を含む人々が新しい探鉱、抽出システムを知る機会が重要である。さらに、鉱業界が地方で果たしているメリット、提供する雇用水準、社会発展プログラム、能力開発支援について正確に伝えることが大切である。これらについて、Chihuahua州で開発されたモデルがあることを賞賛(注:クラスター制度等を指していると考えられる)する。これは、未来の鉱業であり、Chihuahua州のいくつかのプロジェクトはこの方向に向かっている。住民にこれらの利益を知らせることの重要性を強調したい。多くの水を利用する産業があるが、巨大鉱山プロジェクトの開発を進めるに当たり、水の過度な使用、環境汚染など、古い鉱山開発手法と混同した多くの偏見が残っており、新しい持続可能なプロセスの理解を増進させるシステムが重要である。
2.経済省鉱業次官
 Chihuahua州は、鉱業投資を促進し、引き続き、高いポテンシャルを有する鉱業州である。しかし、鉱業を進める投資家にとって恒久的な課題は、世界との競争にあり、競争力強化に向けた技術の探求にある。南米のいくつかの国には、メキシコと同様、それ以上の地質ポテンシャルを有する国があり、それらの国においては、インセンティブの付与を含めた積極的な投資促進策がある。これらの国は、投資順位等に反映されており、メキシコの競争国である。
3.メキシコ鉱業会議所(Camimex)事務局長
 Chihuahua州は、多種類の鉱物の生産及びポテンシャルを有し、128の探鉱プロジェクトが進行する鉱業先進州である。近年、地方における不適切な法律(条例)整備、鉱山保安の管理などの法的安定性、競争力のある税制整備などが必要である。鉱業がメキシコの社会面、文化面における反映の役割を引き続き果たせると考える。

ページトップへ