閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年5月8日 リマ 栗原健一

ペルー:経済財政省、2018年鉱業投資見通しを上方修正

 2018年5月2日付け地元紙によると、経済財政省は、「多年度マクロ経済見通し報告」において、2018年の鉱業投資を、前回までの前年比5%増から16%増に上方修正した。この見通しが実現した場合、2018年の鉱業投資額は5,000mUS$を超え、2011年以来の高い伸び率となる。上方修正の理由として、同報告書は①金属価格の回復、②鉱業法規・規制の改善、③Quellaveco銅プロジェクトやMina Justa銅プロジェクトの建設開始、Toromocho銅鉱山拡張プロジェクトの実施を挙げた。さらに、政府としてこれらプロジェクトの順調な開発を実現するため、公共投資によって格差を解消し、地域社会が鉱業プロジェクトを受け入れやすい環境を整える方針を示した。

ページトップへ