閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年5月8日 シドニー 吉川竜太

豪:Hastings Technology社、WA州Yangibanaレアアースプロジェクトから生産される産物の流通管理のために、ブロックチェーン技術を用いた管理システムの開発に着手したことを発表

 2018年5月2日、WA州でYangibanaレアアースプロジェクトを推進している豪Hastings Technology社は、Yangibanaプロジェクトから生産される炭酸レアアース混合物(MREC)の流通管理のため、ブロックチェーン技術を利用したサプライチェーン管理システムの開発に着手したと発表した。流通の透明性を高めることにより、同社が生産するMRECが倫理的・環境的に責任のある基準に合致したものとなり、顧客に対して品質を保証することにつながる。同社は無線自動識別(RFID)やIoTをMREC流通の追跡に利用することで、製品実物の所有権や生産元を証明することが可能になるとしている。

ページトップへ