閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2018年5月8日 シドニー 吉川竜太

豪:Clean TeQ社、NSW州Sunriseラテライトニッケル-コバルトプロジェクトのDFSにおいて生産能力増強を検討

 2018年5月3日付のメディアによると、NSW州でSunrise ラテライトNi-Coプロジェクトを推進するClean TeQ社は、2018年6月に完成させることを目指しているDFSにおいて生産能力の増強を検討していることを明らかにした。同社が2016年に実施したPFSでは、Ni生産能力18,730t/y、Co生産能力3,222t/yで20年間操業することを想定し、CAPEXは680mUS$と見積もっていた。現在同社は、DFSの過程において最初の10年間金属生産量をNi:25,000t/y、Co:7,000t/yに増強することを検討しており、生産能力増強により、より高い収益が見込めるとしている。同社によると、同プロジェクトには多くの企業がオフテイク契約に関心を抱いており、最終投資判断前にオフテイク契約の締結を済ませたいとしている。

ページトップへ