閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年5月9日 リマ 栗原健一

ペルー:清算手続き中のMinera Castrovirreyna社、資産売却の入札不調に終わる

 2018年5月7日付け地元紙によると、清算手続き中のMinera Castrovirreyna社の資産・入札管理を担うRight Buisiness社は、Minera Castrovirreyna社の鉱区266件や選鉱プラント等の資産売却を目的とした第3回目の入札が4月30日に実施されたものの、応札企業はなく不調に終わったと発表した。
 入札の対象となっていたのはHuancavelica州Castrovirreyna郡内の鉱区266件、選鉱プラント(処理量2,000tpd)のほか、選鉱権、キャンプ地、廃さい堆積場、発電施設、貯蔵施設等。これら資産の査定額は21.7mUS$で、最低入札価格を14.4mUS$として2017年10月を第1回目として入札が実施されていた。

ページトップへ