閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2018年5月9日 メキシコ 森元英樹

グアテマラ:加Tahoe Resources社、Escobal鉱山の操業停止問題を楽観視

 2018年5月3日付け地元紙によると、加Tahoe Resources社は、同社がグアテマラに保有するEscobal鉱山の操業停止、保守・点検費等の影響を受け、2018年第1四半期は6.9mUS$の損失を計上した。なお、金生産量は前年同期の119,000oz(3.7t)から90,900oz(2.8t)に減少している。なお、同社は2018年の生産量を400,000~475,000oz(12.4~14.8t)と推計している。
 同社幹部は、Escobal銀、鉛、亜鉛鉱山の操業停止問題については、道路封鎖を行っている反鉱山関係者と建設的な対話の場を設けており、法的に解決された後、即、鉱山操業を再開する、物事はすぐに正しい方向に動いていると楽観的な考えを示している。

ページトップへ