閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年5月10日 シドニー 吉川竜太

豪:鉱山企業の活動により、2016/17年度に10.4bA$の経済効果がNSW州にもたらされたことが判明

 2018年5月7日付の地元メディアによると、NSW州鉱物資源評議会の調べにより、NSW州で活動している23の鉱山企業により、2016/17年度の間に10.4bA$に及ぶ経済効果が同州にもたらされたことが明らかとなった。この内訳は、商品・サービス業への支払が5.9bA$、約2.3万人の従業員への給与支払いが2.9bA$などとなっている。地域別では、石炭採掘が盛んなハンターバレー地域が4.5bA$で全体の43.4%を占めているとされる。2015/16年度と比較すると、企業の直接支出額は3.5%の減少となったものの雇用者数は8.7%の増加となったとのことで、NSW州鉱物資源評議会は特に地方の雇用、投資、経済成長が鉱業への依存を続けていることが明らかになった、とコメントしている。

ページトップへ