閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年5月17日 北京 関淳夫

中国:銅陵有色社、2017年度の排出物削減は、大きな成果を遂げる

 安泰科によれば、銅陵有色金属集団株式有限公司は、「2017年度社会的責任に関する報告書」により、当該企業は2017年度の排出物削減に対し大いに成果を遂げたことを発表した。年間廃棄ガスにおける測定値は286件で、目標達成率は96.98%であった。廃水における年間測定値は2,434件で、目標達成率は98.60%であった。排出目標達成率は着実に伸び続けている。同時に排気ガス中の亜硫酸ガスの含有量は前年比36%減少し、粉塵の含有量は70%減少し、アンモニア性窒素の含有量は33.4%減少した。廃水中の重金属含有量は、鉛59%、ヒ素72%、カドミウム80%、水銀64%減少した。
 銅陵有色社は、グリーン成長という考え方を実現し、立ち遅れた生産能力を積極的に淘汰する。2017年4月20日に金昌製錬所の生産システムをすべて閉鎖することによって、亜硫酸ガスの年間排出量は3,006.52t、粉塵の排出量314.44tを達成することができる。

ページトップへ