閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年5月22日 北京 関淳夫

中国:世界最大の銅加工企業、江津で100億元レベルの製造基地を建設

 安泰科によれば、2018年5月15日、世界最大の銅加工企業、浙江海亮株式有限公司は、西南銅材生産基地に投資し、江津珞璜工業団地で建設を開始した。当該プロジェクトに対する投資額は30億元で、稼働後年間生産額は100億元以上となる見込み。
 当該プロジェクトは、2018年2月7日に江津珞璜工業団地に入居契約を締結し、敷地面積は15万m2である。
 当該プロジェクトは、2期に分けて建設する。第1期工事は2018年12月末に建設完了する予定で、現在工商登記、登録、建設用地計画の承認及び計画案設計による審査認可作業を終え、販売会社を設立した。第2期工事は2021年12月までに完成する予定。
 浙江海亮株式有限公司は、主に高級銅製品、銅・アルミニウム複合材、アルミニウム型材に対する研究開発、生産、販売及びサービス事業を行っている。世界最大で最も競争力のある銅加工企業である。なお2017年の売上額は298.16億元で、総利益額は7.05億元であった。
 海亮集団社は、浙江省江津区政府と戦略的協力協議を締結しており、江津で銅材生産基地を投資建設するほかに、教育、健康や現代農業等分野に対しても投資建設する予定である。

ページトップへ