閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年5月23日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Fresnillo社、加MAG Silver社、新規開発プロジェクトの承認を期待

 2018年5月18日付け地元紙によると、Fresnillo社は、加MAG Silver社とのJV事業であるJuanicipioプロジェクトの開発に係る承認が、2018年前半に得られる予定であり、計画どおりであれば2020年前半の生産開始を見込んでいる。
 Fresnillo社幹部は、同開発JVプロジェクトは、同社にとっての期待プロジェクトであり、そのポテンシャルに期待していると述べた。また、メキシコ鉱業会議所(Camimex)のレポートによると、同プロジェクトの権益保有率は、Fresnillo社56%、MAG Silver社44%であり、初期投資額は305mUS$と予定されている。メキシコのプロジェクトでは、トップクラスであり、経済性にも優れていると期待されている。なお、同鉱山の寿命は14.8年を見込んでいる。さらに、同社幹部は、同社がZacatecas州に保有するFresnillo鉱山等に併設する新たなパイライトプラントの建設は、2018年の操業開始に向けて大きく前進しており、金の回収率を改善することになると述べた。
 同社は、2017年世界第1位の銀生産量を誇り、メキシコ国内に6つの鉱山を操業し、3つの開発プロジェクトを進めており、長期的には4つの探鉱プロジェクトが進展している。

ページトップへ