閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年5月29日 リマ 栗原健一

ペルー:エネルギー鉱山省、Tia Maria銅プロジェクト開発に向けた対話推進を強調

 2018年5月23日付け地元紙によると、Ismodesエネルギー鉱山大臣は、Tia Maria銅プロジェクト(Arequipa州)の開発に向けた地域住民とSouthern Copper社の合意実現のため、政府は今後も両者との協議を続けていくとの方針を明らかにした。
 同大臣は、「プロジェクトにおいては全ての要素が考慮されなければならない。地域住民に対しては、プロジェクトが地域社会の活動に支障をもたらすものではないことを保証なければならない。政府は住民や農家との調整作業を行う一方で、Southern Copper社とも協議を行っていく。」と述べたほか、Southern Copper社が、地域社会との関係改善に向けた対策を実施することへの信頼感を表明した。
 一方、同社のAranda技術サービス部長が、本プロジェクト地域にあたるDean Valdivia区の住民にテロリストの素地があるとの発言を行ったことについては、「遺憾であり、プロジェクトに関与する地域住民との対話推進のあるべき姿ではない」と意見した。

ページトップへ