閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2018年5月29日 北京 関淳夫

中国:包鋼株式社、2018年レアアース事業における純利益額は20億元

 安泰科によれば、5月16日、企業投資者交流イベントでの情報によると、中央政府が、2018年6、7月頃または2018年下半期にレアアース買い上げを行う予定で、環境保護や犯罪行為の取り締まり等影響も含めて考慮し、レアアース価格を引き上げる見込みで、包鋼株式社のレアアース事業における純利益は20億元に達する見込み。
 包鋼株式社は、世界の半分以上のレアアースを生産している。現在、包鋼白雲鄂博鉱山で確定した鉄鉱石埋蔵量は14億t、175種鉱物、73種の元素を発見している。レアアースの埋蔵量は世界第1位を占めている。ニオブの埋蔵量は世界第2位を占めている。包鋼株式の尾鉱資源量は19,700万t、そのうちレアアース含有量は約1,280万tを占めている。
 包鋼株式のレアアース精鉱は主に北方レアアース社に提供する。包鋼株式は、既に北方レアアースとレアアース精鉱購買販売契約を締結しており、購入価格は1t当たり14,000元を設定している(税金は含まず)。

ページトップへ