閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年5月30日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Sierra Metals社Bolivar鉱山の埋蔵量、83%増加

 2018年5月22日付け地元紙によると、加Sierra Metals社(本社:トロント)は、同社がChihuahua州に保有するBolivar鉱山の資源量と埋蔵量の再評価を行った。
 同鉱山の推定鉱石埋蔵量は、再評価の結果、7,925,000t、平均品位はAg 19g/t、Cu 0.86%及びAu 0.25g/t(銅換算の平均品位は1.14%)となり、これまでの同埋蔵量と比較すると83%増加した。また、概測鉱物資源量は13,267,000t、その平均品位はAg 22.5g/t、Cu 1.04%及びAu 0.29g/t(銅換算の平均品位は1.37%)となり、これまでの同資源量と比較すると42%増加している。さらに、予測鉱物資源量は8,012,000t、その平均品位はAg 22g/t、Cu 0.96%及びAu 0.30g/t(銅換算の平均品位は1.35%)となった。
 技術レポートによると資源量及び埋蔵量の再評価は、金属市況の回復、選鉱回収率等の前提条件の向上、NSRの値上がり、原材料価格の変動及び粗鉱量の変化により行われた。さらに、再評価を行った資源量、埋蔵量には、新しい探鉱情報、地質学的解釈におけるサンプリング及びマッピング、さらには最新の資源解析モデルにより行われている。
 同社幹部は、Bolivar鉱山の寿命を7年以上、向上させた最新レポートを経営陣は満足していると述べた。

ページトップへ