閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン
2018年5月30日 シドニー 吉川竜太

ナミビア:Paladin社、Langer Heinrichウラン鉱山の休山を発表

 2018年5月25日、豪Paladin社はナミビアで保有するLanger Heinrichウラン鉱山を休山状態にしたことを明らかにした。これは、同鉱山を休山状態にすることに対する利害関係者の同意が得られたことを受けたもので、今後3か月のあいだ活動休止に向けた処理を実施する予定で、その間多少のウラン生産が見込まれる。同社は今回の休山は現在の低いウラン市場価格における損失を防ぐことが目的であり、数年後にウラン価格が回復した際に低コストかつ短期間での生産再開が可能で、Langer Heinrich鉱山の休山により市場の価格回復調整が期待できる。

ページトップへ