閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2018年6月5日 北京 関淳夫

中国:金貴銀業社、内モンゴル大手企業の宇邦鉱業社を買収

 安泰科によれば、金貴銀業社が、宇邦鉱業社の関連株主と株式権益移転意向契約を締結した。宇邦鉱業社の65%株式を買収する事業について関係者と合意、取引額は20~24億元に達する予定。宇邦鉱業社は、主に鉛、亜鉛、銀資源の採掘、加工と販売事業を行っている。
 発表によると、宇邦鉱業社の主要資産は、内モンゴル自治区赤峰市の巴林左旗双尖子山銀鉛亜鉛鉱山である。2017年12月25日、内モンゴル自治区国土資源庁の発表レポート「内モンゴル自治区巴林左旗双尖子山鉱区の銀鉛亜鉛鉱山に対する生産探査」では、当該鉱山は銀を主要鉱種とする超大規模銀亜鉛鉛鉱床で、現在確定埋蔵量は銀18,602.05t(金属量)、鉛86.14万t(金属量)、亜鉛191.53万t(金属量)となっている。

ページトップへ