閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ジルコニウム ニオブ ハフニウム レアアース/希土類
2018年6月13日 シドニー 吉川竜太

豪:Alkane社、NSW州Dubboレアメタルプロジェクトに関する技術経済性評価の更新を発表

 2018年6月4日、NSW州でジルコン、ニオブ、ハフニウム、レアアースなどの生産を目指すDubboプロジェクトを推進する豪Alkane社は、同プロジェクトの技術経済性評価を更新し、20年間操業実施のベースケースにおいて4.7bA$のフリーキャッシュフローが生じる見込みであることを明らかにした。今回の作業は2015年に実施されたフロントエンドエンジニアリング設計(FEED)に引き続くもので、プロジェクトへの出資を募る際の協議に活用することを目的としている。同社は、1mt/yの処理能力を持つプラントを建設するベースケースと、最初に500kt/yの処理能力を持つプラント建設を実施するケースを想定し、ベースケースにおいてCAPEXは約1.3bA$、値引率8%における税引前NPVは1.23bA$、IRRは17.5%を計上している。メディアによると、Alkane社は、SMBC社と財務アドバイザーやプロジェクト資金借入に関する契約を締結している。

ページトップへ