閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2018年6月18日 サンティアゴ 村上尚義

ブラジル:Sigma Lithium Resources社、ブラジルMinas Gerais州におけるスポジュメン選鉱パイロットプラント設置のための環境ライセンスを取得

 2018年5月28日付けニュース報道によると、Sigma Lithium Resources社(本社:カナダ・バンクーバー)は5月24日、同社のブラジル子会社であるSigma Mineração社がMinas Gerais州北東部で開発を進めているGrota do Cirilo鉱区において、スポジュメン選鉱プロセスを評価するための重液選鉱パイロットプラント設置に係る環境ライセンスを取得したと発表した。
 このパイロットプラントは、バッテリーグレードのリチウム原料となるスポジュメン精鉱を毎時10tで、年間12千t生産する能力を有している。同社は6月中にパイロットプラント設置を完了し、2019年末までに目標とする精鉱品位・生産量を達成させる予定。
 Sigma Lithium Resources社は、過去6年間の探査によりGrota do Cirilo鉱区においてXuxaペグマタイト鉱床を含む10のペグマタイト鉱体を捕捉しており、Xuxaペグマタイト鉱床のNI43-101準拠資源量は13.5mt、品位1.56% Li2Oと計上されている。これまでの選鉱試験では品位7.2% Li2Oのスポジュメン精鉱が得られており、パイロットプラント試験が順調に推移すれば2019年後半にも鉱山開発に着手し、2020年には22千t/年のスポジュメン精鉱生産を見込んでいる。

ページトップへ