閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年6月20日 リマ 栗原健一

ペルー:2017年の鉱業Canon税、ロイヤルティ地方送付額、前年比26.5%増加

 2018年6月9日付け地元紙によると、エネルギー鉱山省は、中央政府から地方自治体に対する2017年の鉱業Canon税・鉱業ロイヤルティ・鉱区維持料・罰則金の合計送付額は3,303mソーレス(約1,006.9mUS$)で、2016年の送付額2,611mソーレス(約796.0mUS$)を26.1%上回ったことを明らかにした。2017年の送付額の内訳は、鉱業Canon税1,862.68mソーレス(約567.8mUS$)、鉱業ロイヤルティ1,225mソーレス(約373.4mUS$)、鉱区維持料・罰則金は214.83mソーレス(約65.5mUS$)だった。
 一方、州別ではAncash州に750.9mソーレス(約228.9mUS$)と全体の22.7%が送付されたほか、Arequipa州に528.52mソーレス(約161.1mUS$)、La Libertad州に317.73mソーレス(約96.9mUS$)が送付された。

ページトップへ