閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン
2018年6月20日 シドニー 吉川竜太

豪:Energy Resources of Australia社、NT準州Rangerウラン鉱山の閉山計画を発表

 2018年6月11日付のメディアによると、NT準州でRanger U鉱山を操業するEnergy Resources of Australia(ERA)社は、アクセス契約の関係上2021年1月に採掘・処理活動を終了することが求められている同鉱山の最終的なリハビリテーションが、2026年1月までに完了する計画であることを発表した。同鉱山のアクセス契約を巡っては、2015年に土地利用の期間延長が伝統的土地所有者から認められず、2021年1月に採掘・選鉱活動を終了する必要が生じていた。ERA社は、2021年に先立つ2020年後半まで、採掘済みの貯鉱の処理を実施してウラン酸化物を顧客に提供することを予定している。ERAは、採掘済みのPit 1とPit 3を廃滓と尾鉱で埋め戻した後、現地の植物と生物の再導入を実施する計画としている。

ページトップへ