閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2018年6月21日 シドニー 吉川竜太

豪:BHP、WA州South Flank鉄鉱石プロジェクトの建設に要する予算2.9bUS$を承認

 2018年6月14日、BHPは2.9bUS$を自社権益比率分として投じるWA州South Flank鉄鉱石プロジェクトの建設予算を承認した。同プロジェクトはBHPが85%の権益を保有し(伊藤忠商事と三井物産が残りの15%を保有)、全体のCAPEXは3.4bUS$と見込まれており、経済的に山命に達しつつあるYandi鉄鉱石鉱山から生産される年間80mtの鉄鉱石生産を完全に補い、かつBHPがWA州で生産する鉄鉱石の平均品位を61%から62%に、塊鉱の割合を25%から35%に押し上げることが期待されている。South Flankプロジェクトでは、既存のMining Area Cにおけるインフラ設備の拡張や、80mt/yの能力を保有する処理施設の建設、採掘機材の調達などが含まれ、BHPによると本プロジェクトを通じて建設期間中2,500人の、操業期間中600人以上の雇用が創出され、WA州のサプライヤーに大きな機会を与えることとなるとしている。BHPは同プロジェクトからの鉄鉱石初出荷は2020年を見込み、25年間の操業を期待している。

ページトップへ