閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2018年6月25日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Inalum、アルミニウム製錬所建設計画を前倒し

 2018年6月10日付地元メディアによると、国営鉱業持株会社Inalum(PT Indonesia Asahan Aluminium)は、北カリマンタン州Tanah Kuning工業団地に建設を計画しているアルミニウム製錬所の着工を2020年から2019年に前倒しし、2022年の操業開始を目標にすることを明らかにした。また併せて、同製錬所に電力を供給する水力発電所を北カリマンタン州Kayan川に建設し、2025年までに完成させる計画も明らかにした。これは同社Budi G.Sadikin社長とLuhut海事担当調整大臣との会談後に明らかにされたもので、同大臣からの要請に応えたものとみられる。
 同社Oggy Kosasih財務担当取締役によると、アルミニウム製錬所は初期段階(1年目)の年産能力50万t、残り2年間で100万tまで引き上げる。投資額は30億US$とのこと。水力発電所は事業化調査を行っているところで、現時点では発電能力は未定である。

ページトップへ