閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年6月26日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Zacatecas州政府関係者等のコメント

 2018年6月22日付け業界紙は、メキシコ、チリ、アルゼンチン、コスタリカ、スペインの専門家が参加する第1回国際環境税フォーラムの開会式の様子を伝えている。Zacatecas州財務局長は、同州GDPの1/5を占める鉱業の同州での経済効果を説明し、加えて、メキシコ国内産業への貢献、自動車産業のAguascalientes州、航空宇宙産業のSun Luis Potosi州、Queretaro州といった州が恩恵を受けている。そのため、様々な場面での鉱業との連携が重要であると述べた。州レベルでは変化が起こり始めており、新たな未来に向けた地方発展のためには、強固な連邦主義を回復する必要があると強調した。
 また、Zacatecas州立自治大学長は、環境と言うテーマは、大学コミュニティが最も関心を持つテーマであり、欧州をはじめとした高いレベルでの議論が必要であり、Zacatecas州は、国内の先頭に立っており、この場での交流による成果を期待したいと述べた。そして、天然資源の効率的な利用と持続可能な発展の原動力となる環境税の活用について、他の国の経験を学ぶフォーラムとしたいと強調した。

ページトップへ