閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タンタル リチウム
2018年6月28日 シドニー 吉川竜太

豪:WA州Greenbushesリチウム鉱山の拡張計画を巡る係争に関し、2018年10月にWA州最高裁判所での公判実施が決定

 2018年6月24日付の地元メディアによると、世界最大のペグマタイトリチウム鉱山であるWA州Greenbushes鉱山を巡る係争に関し、WA州最高裁判所における公判が2018年10月に開かれることが決定された。この係争は、リチウム鉱山を操業する豪Talison社(中Tianqi社が51%、米Albemarle社が49%を保有)と、同鉱山におけるタンタルを含むリチウム以外の鉱物資源の権益を保有するGlobal Advanced Metals(GAM)社との間に生じているもので、GAM社はTalison社が計画しているリシア輝石精鉱の生産能力を1.34mt/yへ倍増させる操業拡張計画が、GAM社がGreenbushes鉱山で権益を保有する鉱種、特にタンタル資源の価値を毀損すると主張しており、2017年7月にGAM社がTalison社を提訴して以来、係争状態となっていた。これに対し、Talison社は拡張計画の法的位置づけに自信を持っており、拡張が2019年第2四半期に完了するという現在の計画に変更は無い、とコメントしたことが報じられている。

ページトップへ