閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト スカンジウム ニッケル
2018年6月28日 シドニー 吉川竜太

豪:Clean TeQ社、NSW州Sunriseラテライトニッケル-コバルトプロジェクトのDFS結果を公表

 2018年6月25日、豪Clean TeQ社はNSW州で推進するSunriseラテライトNi-CoプロジェクトのDFS結果を公表した。それによると、オートクレーブへの給鉱量2.5mt/y、当初25年間の操業(鉱量に基づくと40年以上に操業延長可能)実施のために必要な予備費込みのCAPEXは1.49bUS$で、25年間を通じて約451ktのニッケルと約84ktのコバルト、250tのスカンジウム酸化物、2,337tの水酸化スカンジウムを販売し、割引率8%における税引き後NPVは1.39bUS$、IRRは19.1%と試算されている。Clean TeQ社によると、スカンジウム酸化物の販売量はDFSの性質上保守的に見積もられているものの、処理施設のスカンジウム酸化物生産能力は80t/yで、将来のスカンジウムの市場状況次第で160t/yに増強が可能としている。同社は本プロジェクトによりNSW州において300人の新たな雇用が生じるとしており、2018年第3四半期に最終投資判断を実施し、2019年前半に建設を開始することを計画している。

ページトップへ