閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
モリブデン
2018年7月2日 リマ 栗原健一

ペルー:Cerro Verde銅鉱山、選鉱処理量拡大の認可取得

 2018年6月25日付け地元紙によると、Cerro Verde銅鉱山(Arequipa州)は、C2選鉱プラントの粗鉱処理量を、240,000tpdから280,000tpdに拡大するための許認可をエネルギー鉱山省より取得したことを明らかにした。
 本プラントは硫化鉱の銅やモリブデンを対象としており、より自動化が進められる。また、選鉱処理量の拡大に伴い採鉱計画が変更されるものの、マインライフは変更されない見通しとなっている。
 さらにCerro Verde銅鉱山は、現行の労使協定が8月31日で期限を迎えることに先立ち、7月1日から新たな協定交渉を開始することを明らかにした。

ページトップへ