閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年7月9日 ジャカルタ 南博志

フィリピン:閉鎖・操業停止命令対象鉱山の規制遵守状況の調査結果を発表

 2018年6月22日付地元メディアによると、フィリピン鉱業産業調整会議(MICC)は2017年2月に発出した鉱山閉鎖・操業停止命令の対象鉱山について、鉱山規則・規制の遵守状況を調査した結果、全27鉱山のうち23鉱山が基準を満たして合格したと発表した。調査結果はDuterte大統領及びに環境省に提出され、検討される。なお、合格しなかった4鉱山のうち、3か所はニッケル、1か所はクロム鉱山である。
 一方、Duterte大統領は、4月に露天掘り鉱山採掘許可を取り消す可能性に言及、最近でも鉱業は環境破壊を行う活動であるため鉱業を停止するなど、これらが具体化する動きにはなっていないものの鉱業への批判発言を繰り返している。

ページトップへ